古今宗教研究所
携帯版

禊祓詞
ミソギハラヒノコトバ

高天原に神留坐す 神魯岐神魯美の命以て 皇御祖神伊邪那岐命 筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に 御禊祓ひ給ひし時に生れ坐る祓戸の大神等 諸の枉事 罪 穢れを祓ひ給へ清め給へと申す事の由を 天津神国津神八百万の神等共に 天の斑駒の耳振り立てて聞食せと 恐み恐み白す

[もどる]


(C)古今宗教研究所